うつわ空 

現代陶芸作家のうつわの紹介と企画展での展示販売のご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山本英樹さんの珈琲カップ

山本英樹さんから
うつわ届きました



y1_convert_20130929141159.jpg
珈琲カップ&ソーサー 山本英樹



ただ、
そこにあるということ



y2_convert_20130929093614



うつわを手に包む
シン、と
音無きおと



y3_convert_20130929093640
粉引きマグカップ



ひとつひとつ
つくりてが丹精こめて作っている



y4_convert_20130929093807




その真摯で勢いのある気は
炎に通すことで昇華される

熱き血潮と
静かなうつわ



「珈琲とうつわ」展


お運び下さいませ


川崎元住吉 もとえ珈琲 にて

2013年10月17日(木)~ 23日(水)
am11:00~pm6:30


取扱作家
尾形アツシ 小山乃文彦 設楽享良 谷口晃啓 橋村大作 山本英樹 



作り手が手掛ける最良のうつわをご高覧ください
出来上がりのうつわから もとえ珈琲店主
それぞれのうつわにあった
ブレンドをイメージし
提供くださいます
これからの季節
珈琲の香りと至福の時を



もとえ珈琲 へのアクセスはこちら



今回は 珈琲カップ、シュガーポット、ミルクピッチャー等
珈琲に関わるうつわの展覧となります。






スポンサーサイト
  1. 2013/09/29(日) 09:47:25|
  2. 企画展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尾形アツシさんの 珈琲カップ

尾形アツシさんから
うつわが届きました



1_convert_20130926161113.jpg
土化粧マグカップ&ソーサー 尾形アツシ



冬の樹のように
固く締まり
乾いた表面の内には
瑞々しく流れる
水の気配がします



2_convert_20130926161133



カップに耳を近づければ
土と炎と水の音が
聞こえる



マグカップのみでも



1_convert_20130926161242
土化粧マグカップ




これほど気配を感じるうつわは

珈琲の香りと共に
時を離れた場所へ いざなう




2_convert_20130926161259





「珈琲とうつわ」展


お運び下さいませ


川崎元住吉 もとえ珈琲 にて

2013年10月17日(木)~ 23日(水)
am11:00~pm6:30

取扱作家
尾形アツシ 小山乃文彦 設楽享良 谷口晃啓 橋村大作 山本英樹 



作り手が手掛ける最良のうつわをご高覧ください
出来上がりのうつわから もとえ珈琲店主
それぞれのうつわにあった
ブレンドをイメージし
提供くださいます
これからの季節
珈琲の香りと至福の時を




もとえ珈琲 へのアクセスはこちら



今回は 珈琲カップ、シュガーポット、ミルクピッチャー等
珈琲に関わるうつわの展覧となります。







  1. 2013/09/26(木) 17:17:01|
  2. 企画展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋月

中秋の名月の
月は雲一つない空に
清潔に浮かんでいた

あまりに清廉で
思わず携帯を取り出し写真を撮る
けれど そこに映る月は
目にする月とはおよそ
かけ離れ とても小さな豆粒ほどの月

目にする本物の月と
写真に写る実際の月は
どちらがリアルなのか



IMG_0661_convert_20130921092633.jpg
粉引き小皿 小山乃文彦



月の位置によって
月の大きさも違って見える
目の錯覚だというが
どれも本物の月を見ているわけで
そこにあるそれぞれの位置の月が
心情に訴えてくるならば
月はそのものなのだろう

月は変わらずそこにある

見たり思ったりすることは
全てが本物かどうかを決めることが難しい
不可能に近い
たぶんどれもが本物で
どれもが実物であるから

ものの見方は主観でいいと
月はやさしく空からうたってくれる

けれど、気付きの精度への欲求は
沢山のものを見なければ得られない
見ていかなければと
月をみながら思う






  1. 2013/09/21(土) 09:31:48|
  2. つれづれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珈琲とうつわ ②

「もとえ珈琲」の店主 大沢さんに
初めてお会いしたのは
西麻布にあるうつわや
好きな作家の個展最終日で
ゆっくりうつわを観ることの出来る日

淹れて頂いたお茶を喫しながら
しばらくうつわの店主、大沢さん、私の3人で
ぽつりぽつりとお話しした

元住吉で珈琲豆の専門店を開業するとのおはなし
珈琲の話になると途端に目の色が変化した
静かだけれど情熱を秘めた目が印象深い

オープンしてしばらくして訪ねてみました
東横線「元住吉駅」からナビを頼りに
この道でいいのかと
少し不安を感じる頃に
「もとえ珈琲」と染め抜いた
爽やかな薄藍の暖簾が風に揺れ
迎えてくれる



もとえのれん_convert_20130918195749
入口にかかる暖簾はとても新鮮



すっきりと清潔な印象の店内には
いたるところにさりげないこだわりが見られ
大沢さんのセンスの良さが
居心地のいい空間をつくっている



もとえ店内+(2)_convert_20130918195853




その静かな佇まいとは対照的に
珈琲に対する情熱は何よりも熱い

いただいた一杯の珈琲は
今まで味わったことのない
香り高く引き締まった味わいがする

静寂と情熱のバランスの良い配合は
そのまま珈琲の味と重なって
ひとつの景色となっている



もとえ商品_convert_20130918195814




もとえ珈琲にて
「珈琲とうつわ展」展覧いたします。

2013年10月17日(木)~ 23日(水)
am11:00~pm6:30

どうぞお運びくださいませ

取扱作家
尾形アツシ 小山乃文彦 設楽享良 谷口晃啓 橋村大作 山本英樹

作り手が手掛ける最良のうつわをご高覧ください
出来上がりのうつわから もとえ珈琲店主
それぞれのうつわにあった
ブレンドをイメージし
提供くださいます
発見と感動を



        もとえshop_img02_convert_20130918195954




今回は 珈琲カップ、シュガーポット、ミルクピッチャー等
珈琲に関わるうつわの展覧となります。
作り手よりうつわ届き次第、順次アップしてまいりますのでお楽しみに。



もとえ珈琲 へのアクセスはこちら








  1. 2013/09/18(水) 20:19:34|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珈琲とうつわ

ほっとする時間
ゆらぐ珈琲のかほり

珈琲の季節がやってまいりました
お気に入りの珈琲カップで秋を愉しむ




珈琲とうつわ_convert_20130912063210



作り手が手掛ける最良のうつわをご高覧ください
出来上がりのうつわから もとえ珈琲店主
それぞれのうつわにあった
ブレンドをイメージし
提供くださいます
発見と感動を

「珈琲とうつわ」展

お運び下さいませ

川崎元住吉 もとえ珈琲 にて

2013年10月17日(木)~ 23日(水)
am11:00~pm6:30

取扱作家
尾形アツシ 小山乃文彦 設楽享良 谷口晃啓 橋村大作 山本英樹 

今回は 珈琲カップ、シュガーポット、ミルクピッチャー等
珈琲に関わるうつわの展覧となります。


もとえ珈琲へのアクセスはこちら





  1. 2013/09/12(木) 06:47:05|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無事終了いたしました

本とうつわ 展
無事終了いたしました。

お運び頂きました皆様
ありがとうございました。

ゆっくりと流れている時間
静かに流れる音楽
古書に囲まれた空間



IMG_1220_convert_20130909115140.jpg




本好きな人と
うつわ好きな人
ある意味とても限定された
密やかな展観となりました

さらさらと時間の流れる音が聞こえるような
静かで気持ちのよい展覧となりましたこと
とても嬉しく
そのような状況でいられる今に感謝しています



          IMG_1207_convert_20130909115234.jpg




また この場で
いつか展覧したいとおもいます

ありがとうございました。

うつわ空
かとう ゆうこ



          IMG_1239_convert_20130909115202.jpg





  1. 2013/09/09(月) 12:00:16|
  2. 企画展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本とうつわ展 最終日

本日最終日となりました

横浜黄金町「たけうま書房」にて
本とうつわ 展



IMG_1241_convert_20130908090558.jpg



どうぞお運びくださいませ


たけうま書房 にて
open 13:00 ~ 19:30
※音楽・映画・美術・サブカル中心の古書店です
(京浜急行 黄金町駅 徒歩2分)

取扱作家
尾形アツシ 小山乃文彦 設楽享良 谷口晃啓 橋村大作 山本英樹  



IMG_1238_convert_20130908090539.jpg




たけうま書房へのアクセスはこちら













  1. 2013/09/08(日) 09:12:07|
  2. 企画展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクセス

横浜黄金町「たけうま書房」にて
本とうつわ 展
展覧しております。



0e20d245_convert_20130907082802.jpg
このビルの2階です



ご案内状のハガキを手に
お運びいただいたお客様
皆さま道に迷われるようで

とてもわかりやすいところなのですが
どうも目印になるポイントの記載がなく
通り過ぎてしまうようです。

京浜急行 黄金町からお運びの皆様
大岡川を渡り2ブロック先の右手
昭和を感じさせる雑居ビルの2階です
建物の目の前はバス停「阪東橋」があります。

市営地下鉄 阪東橋からお運びの皆様
5番出口の階段を上り、通りひだり黄金町方面へ向かい
イセザキモールのアーチを右手に見ながら通りすぎ
真っ直ぐに進んでいくと2ブロック先
左手雑居ビル、1階中華料理屋さんが入っています。



IMG_1221_convert_20130907082853.jpg




それでも不安になられたら
迷わず電話してくださいね
たけうま書房045 315 5190

どうぞお運びくださいませ

9月8日(日)までの展観です。
open 13:00 ~ 19:30



IMG_1205_convert_20130907082838.jpg




たけうま書房 にて
※音楽・映画・美術・サブカル中心の古書店です
(京浜急行 黄金町駅 徒歩2分)

取扱作家
尾形アツシ 小山乃文彦 設楽享良 谷口晃啓 橋村大作 山本英樹  



たけうま書房へのアクセスはこちら







  1. 2013/09/07(土) 08:34:47|
  2. 企画展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展覧

横浜黄金町「たけうま書房」にて
本とうつわ 展
展覧しております。



IMG_1226_convert_20130905083748.jpg




お運びの皆様
お茶を一服どうぞ
古書店にしては広いスペース
ゆるりとうつわや本を見ていただきながら
時間を過ごしていただけたらと思います。

お出しするお茶は
京都宇治の煎茶です。
今までで一番美味しいと思っている
お茶です。



IMG_1230_convert_20130905083807.jpg




そして出展作家さんのお湯のみで
淹れるお茶をお愉しみください
湯呑茶わんが違うだけで
お茶の色や味までもが
変わるような気がいたします。

どうぞお運びくださいませ
本日2日目
9月8日(日)までの展観です。
open 13:00 ~ 19:30



IMG_1233_convert_20130905083825.jpg




たけうま書房 にて
※音楽・映画・美術・サブカル中心の古書店です
(京浜急行 黄金町駅 徒歩2分)

取扱作家
尾形アツシ 小山乃文彦 設楽享良 谷口晃啓 橋村大作 山本英樹  



たけうま書房へのアクセスはこちら






  1. 2013/09/05(木) 10:55:56|
  2. 企画展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビールが美味しい

写真は数日前に届いたばかり
山本英樹さんの玄釉銀彩ぐい吞みです。



ビール1_convert_20130830152823



このぐい吞み
ビールがすこぶる美味しい
泡のキメが一目でわかるほどに細かい
ビールの泡はキメ細かいほど良いとされ、
それがキレの良さにつながる
と言われている



IMG_1197_convert_20130903200610.jpg
きめの細かいビールの泡



このことに気が付いたのは
銀彩ぐい吞みを使われたお客様からの一報
「めちゃくちゃビールが美味しいです!」

ビール好きな方にはぜひ!

明日から展覧いたします。
どうぞお運びください。

2013年9月4日(水)~9月8日(日)5日間
open 13:00 ~ 19:30

たけうま書房 にて
※音楽・映画・美術・サブカル中心の古書店です
(京浜急行 黄金町駅 徒歩2分)

取扱作家
尾形アツシ 小山乃文彦 設楽享良 谷口晃啓 橋村大作 山本英樹  



たけうま書房へのアクセスはこちら





  1. 2013/09/03(火) 17:09:28|
  2. 企画展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タフでなければ生きてはいけない
優しくなければ生きる資格がない
(レイモンドチャンドラー プレイバックより)

If I wasn’t hard, I wouldn’t be alive.
If I couldn’t ever be gentle, I wouldn’t deserve to be alive.



マーロー1_convert_20130830152909
染付六角小猪口 設楽享良



レイモンドチャンドラー 
あまりに有名なこのセリフは
世代を超え活き続けている

この言葉は設楽さんのうつわとしっくりくる
どこがどのようにしっくりくるのか
わからない
しっかりした質感と潔さが
そう感じさせるのだろうか
設楽さん自身の粋で硬派なイメージからだろうか



マーロー2_convert_20130830152932




Treasure

本とうつわ 展

小さな展覧会をささやかに開きます。
新しい出会いを楽しみに
お運びくださいませ

2013年9月4日(水)~9月8日(日)5日間
open 13:00 ~ 19:30

たけうま書房 にて
※音楽・映画・美術・サブカル中心の古書店です
(京浜急行 黄金町駅 徒歩2分)

取扱作家
尾形アツシ 小山乃文彦 設楽享良 谷口晃啓 橋村大作 山本英樹  



たけうま書房へのアクセスはこちら





  1. 2013/09/01(日) 10:01:52|
  2. つれづれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

うつわ空

Author:うつわ空
現代陶芸作家のうつわの紹介と企画展での展覧と販売をしています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
お知らせ (12)
作家紹介 (6)
つれづれ (18)
陶房訪問 (5)
企画展 (74)
展覧会案内 (2)

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。